MENU

薄毛・抜け毛の改善は、原因を知って正しく対策

ひと昔前までは、薄毛で悩んでいる女性といえば40代が多かったのですが、 最近では生活習慣の乱れから、20代や30代など幅広い年代の女性が薄毛に悩んでいます。 薄毛や抜け毛の原因として主に挙げられるのは大きく2つあります。

 

ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスの崩れ

女性特有の体型や身体のリズムを司るホルモンである、 女性ホルモンが崩れると脱毛につながります。 女性は、育児や家事、人間関係、仕事など、日々の生活の中で様々なストレスにさらされています。

 

ストレスを我慢し続けると、ホルモンバランスを乱す原因になります。 ホルモンバランスが乱れると、頭皮が血行不良を起こして、 毛根に十分な栄養を運べなくなるのです。

 

一般的に40代以降になるとホルモン分泌量が減ってきますが、 最近では若い方でも過度なダイエットや乱れた食生活による栄養不足、 睡眠不足、喫煙、ストレス等により、ホルモンバランスが乱れ、 ヘアサイクルが短くなり、結果的に脱毛していきます。

 

頭皮環境の悪化

頭皮の悪化

カラーリングやパーマの薬剤は刺激がとても強く、短期間で繰り返すと、 頭皮のダメージや炎症を招いたり、 毛細血管の血液循環が乱れることで毛が細くなったり、抜け毛が増えたり します。

 

また、育毛ケアとして使用している育毛剤でも、 ダメージ成分が添加されていると、 効果が発揮されるどころか、頭皮環境を悪化させてしまい、脱毛の原因となってしまうこともあります。 頭皮が敏感な方の中には、化学物質による刺激で、炎症をおこすこともあります。

 

(以上、公式サイトより抜粋)

女性向けの対策

ヘアサイクルを正常に戻すことが重要なポイント

 

ヘアサイクルの乱れにより脱毛が起こる

髪の毛には寿命があり、伸びては抜けて、また生えてくることを繰り返しています。 毛は毛球の毛母細胞が細胞分裂をすることでつくられ、 成長期(女性の場合約4年〜6年)、退行期(約2〜3週間)→ 休止期(2〜3ヵ月)を経て抜け落ちてゆきます。

 

ヘアサイクルの乱れ

そして、次の細胞分裂が始まり、また新しい毛がつくられます。 この一連の周期のことをヘアサイクルといいます。 ところが、何らかの原因でこのサイクルが乱れてしまうと、 成長途中の髪の毛が抜け落ち、抜け毛が増えていくことになります。

 

そして、新たに生えてくる髪の毛の成長が追いつかないと、薄毛になってしまうのです。 ですから、このヘアサイクルを正常に戻すことが育毛ケアの大切なポイントになります。